知っていますか?引っ越しの流れ


引っ越し会社に訪問見積もりをしてもらって正式に依頼をすると、当日までの流れを指示してもらえるようになります。基本的には契約書が発行されませんし、訪問を受けた際に引っ越し作業について詳しく書かれたパンフレットを置いていってもらえるので電話やメールで連絡を取り合うことになります。プランにもよりますが、ダンボールの箱数や布団袋そしてガムテープなどを無料でもらえる場合が多く、数日以内に運送業者を通じて届けてもらえたり直接持ってきてくれたりしますので、引っ越しの準備を始めることができます。自分でできる範囲で梱包を済ませておけば、料金を大幅に引き下げてもらえる可能性がありますし、新居にてダンボールを開封する際も何が何処に入っているのかがすぐに分かります。ダンボール箱が不足するようであれば担当者に連絡をして有料で追加することもできます。前日もしくは前々日になりますと、最終確認としてスタッフの来訪日時についての連絡がありまして、この段階で営業スタッフから当日の作業スタッフへと担当者が変わることになります。当日は作業スタッフへ簡単に指示を出しながら、運び出し忘れているものがないかを確認していきます。そして荷物を移送したあとも、新居にて家具や電化製品の設置場所を指示していていき、全ての作業が完了となります。引っ越し業者によっては後日メールやアンケートフォームなどで当日の流れなどの評価を求められることがあります。