引っ越しの挨拶回りで知っておきたいこと


引っ越しをした際、挨拶というものはとても肝心で、この行為でその後の対応などは大きく変わっていきます。 最初の印象は相手方の記憶に最後まで残るものです。 なので、最低限のマナーは知っておかないと、引っ越し時に困ってしまいます。 例えば、粗品。 粗品を渡しに行く際の服装は、整えていかないといけません。 粗品は、返す必要のなく、日持ちし、安価なものが一番良いです。 高級なものを渡すと、相手方は気負いしてしまい、関わりにくくなってしまうからです。 日持ちしない物を贈るということは、そのまま、その日に食べてくださいという暗示になって、これは失礼ではないのかとなってします。 相手方を訪問するとき、簡素に物事を伝えることはとても重要です。 引っ越しをしてきた旨、どの場所にいるか、自分の名前、これら基本的なものを伝えれば大丈夫です。 長々と用件を伝えようとすると、何かのセールスマンではないかと疑いが入ってしまうからです。 それと、明るい顔でいることが大事です。 緊張して明るい顔を作る事が難しくても、明るい顔でいようとする姿勢が大事です。 相手方も緊張していることは察してくれるので、決して暗い顔はダメです。 最初の印象は相手方の記憶に最後まで残る、このことを常に心にとどめておきましょう。 挨拶をしに行くタイミングとしては、当日または翌日が一番良いです。 引っ越し作業などに疲れていても、これもまた礼儀ですので、しっかりと守りましょう。